モンゴルキッズの家 マンホールチルドレンを支える会

​New!

​New!

​New!

​New!

​New!

​マンホール・チルドレンを支える会について

代表者の挨拶

代表 Gan-Otgon Lkhagvasuren(ガナ・オトゴン)

主の栄光教会 "The Glory of the Lord" Community Church​)


My name is Gan-Otgon Lkhagvasuren and everybody calls me Ganaa. I am the pastor of Seobingo Onnuri Mongolian Community currently. I am studying at Torch Trinity Graduate University in Korea. 
My home church in Mongolia is "The Glory of the Lord" Community Church which was planted in 2010. We have several ministries for local Mongolian people to reach each and everyone with Gospel of Christ. 
And I am so glad and thankful that God is leading us to start a ministry for manhole children. It has been a wonderful work of God that amazed all of us. It's a wonderful story you can read from this website. 
I am so grateful for Dr. Eiko Takamizawa for praying faithfully for Mongolian manhole children for 20 years. And I am so grateful for all my Japanese brothers and sisters who are committed to do the will of God. 

(I am married, with 7 children aged 2-17-years old. My wife, B. Selengee, and I adopted 4 children a year ago.)

訳:ガン・オトゴンと申します。ガナと皆に呼ばれています。現在、韓国・ソビンゴにあるオンヌリ教会モンゴル礼拝部の牧師をしています。トーチ・トリニティ大学院大学で学んでいます。私のモンゴルの教会「主の栄光教会」は2010年に設立されました。主の福音が全ての人に伝えられるよう願いながら、モンゴルの現地の人たちのためのミニストリーを行なっています。

この度、新たにマンホール・チルドレンのための働きを始められるように導いてくださった主に感謝しています。主の素晴らしい御業に我々一同驚いています。このウェブサイトを通して素晴らしいストーリーを見ていただけると思います。

高見澤栄子先生が20年間、モンゴルのマンホール・チルドレンのために忠実に祈ってきてくださったことを有難く思っています。神の御心に共感し、共に働いてくださる兄弟姉妹にも感謝しています。

(家族は妻・セレンジーと子どもは2歳から17歳の7人です。1年前に4人の子どもを養子として迎えました。)

支援者代表(日本事務局) 高見澤栄子(たかみざわえいこ)

「モンゴルキッズの家」ホームページを訪問してくださり、ありがとうございます。

モンゴルではホームレスの子ども達はマンホール・チルドレンと呼ばれます。それは冬に零下30 度まで気温が下がるモンゴルでは、家のない子ども達は路上で生活ができず、マンホールの中の温水パイプの上で暖をとって生き延びるしか無いからです。マンホールの中には光も入らず、衛生状態も悪く危険なことも起きるのですが、今でも100人を超す子ども達がモンゴルのマンホールの中で生活しています。彼らには他に行き場がないからです。

子どもとは本来、親や家族の愛の中で守られ育まれるべき存在です。でも、マンホールチルドレンの多くは親の愛情を受けることもできず、むしろ親に見捨てられたという心の傷を持って、なんとかお互いに助け合いながら生きています。

私は、地上に生まれてくる子ども達は皆、創り主から与えられた命と賜物と才能を持って生まれてきたと信じています。マンホールにいる一人一人にも、神様が立ててくださった将来と希望のある計画があるはずです。本来の神様の似姿をとりもどして、一人一人に与えられた命と賜物と才能を持って、社会に貢献する生きがいと喜びのある人生を生きて欲しいと願っています。

このプロジェクトは、モンゴルのマンホール・チルドレンが、創り主が一人一人にあたえてくださっている将来と希望の計画を、それぞれの人生の中で実現するために、私たちの祈りとできることをもって支援していくことを目標としています。

ご賛同いただけましたら、ぜひこのビジョンに加わってくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

プロフィール:山梨県甲府市出身。トリニティ国際大学において異文化学でPh.D.取得。現在ソウル、トーチトリニティ神学大学院にて異文化学教授。

代表補佐・親善大使 青柳泉・友子(あおやぎいずみ・ともこ)

「これは始まりであって欲しい。まだたくさんの子どもたちがいるので!」(現地女性スタッフの言葉)

「自分より次の世代に何か光が見える」(子どもを連れて来たあるおじいさんの言葉)

 

私達は、大きなことは出来ませんが今日私に出来る最高のことを主にあってさせていただきたいと祈り願っています。宜しくお願い致します。  泉&友子

顧問 高橋真一(たかはししんいち)

​「全世界に出て行き、すべての造られた者に福音を宣べ伝えなさい」マルコ16:15

モンゴルについて祈る心を与えられたのは1994年頃でした。2000年に初めて訪問しました。2012年から主の召しに押し出され宣教師としてモンゴルに派遣され、ウランバートルと地方を行き来しながら奉仕してきました。2017年からは日本をベースに牧師と宣教師のWタイトルを頂きながら日蒙を往復して仕えております。

私の小さな経験でもプロジェクトと主のお役に立つのでしたらと、お引き受けさせていただくこととなりました。モンゴルは独特の文化を持つ「遊牧民」の国です。近代化された現代でも彼らの文化やメンタリティーの深みには間違いなく遊牧のそれがあります。

両文化の良い架け橋になれればと願っております。大人も子供も、日蒙の全ての人が主の福音に生きる将来が訪れますように。

 

1995年関西聖書学院卒業。アンテオケ宣教会モンゴル宣教師

JEC岬福音教会牧師

協力 清水摂(しみずせつ)(JCFN)

​モンゴルで社会と人生の大きな壁にに立ち向かいながら、一生懸命生きようとしている子どもたちの力に少しでもなれるなら、との思いで一歩出ました。モンゴルの働きのために、モンゴル、韓国、日本、アメリカ、そして他の国々の人々と共に関わることが出来る素晴らしい機会を本当に感謝しています。手探りではありますが、よろしくお願いいたします。

会計

渡辺まゆみ

​(わたなべまゆみ)

モンゴルといえば「チンギスハン」と「相撲」ぐらいの知識しかありませんでした。マンホールチルドレンの存在を知り、このプロジェクトに携われる幸いを感じています。
大学生から中学生まで5人の母。

柏福音自由教会会員。

​日本事務局補佐

丸山玲子

​(まるやまれいこ)

高見澤先生からは、いつも神様の不思議な業と恵みをお分かちして頂いています。マンホールチルドレンの話を聞き、少しでも何かのお役に立てればと思います。

JECA、甲府キリスト福音教会会員、

山梨在住。

日本​事務局補佐

森澤誠

​(もりさわまこと)

イエス・キリストに出会い、福音によって救われて本当に良かったです。

もし、30年前にこの道に歩むことを決心させていただけなかったらどんな

人生を送っていたか・・この道を歩んでこれて本当に良かったです。

この恵みに感謝して少しできることをさせていただいています。

​地域コーディネーター

​(日本)

大皿泰子

​(おおさらやすこ)

世界の片隅で厳しい環境の中で健気に生きる子ども達の為にできることは何かをチームで相談しつつ、探しながら、活動していきたいと思います。

公益財団法人 全国友の会 神戸友の会会員

​地域コーディネーター

​(US・ニューヨーク)

大清水良裕・香子

​(おおしみずよしひろ・きょうこ)

高見澤先生からお聞きするまで、モンゴルにおいて子供たちがそのような過酷な状況にあるとは知りませんでした。先生がプロジェクトを始められる経緯をお聞きして神様のみ業を感じました。遠いこの地で何ができるか、祈りつつ求めていきたいと思います。

ニューヨーク、タイムズスクエアチャーチ会員

​地域コーディネーター

​(US・デトロイト)

馬越牧

​(うまこしまき)

すると、王は彼らに答えて言います。『まことに、あなたがたに告げます。あなたがたが、これらのわたしの兄弟たち、しかも最も小さい者たちのひとりにしたのは、わたしにしたのです。』(マタイ25:40)この言葉を噛み締めながら自分にできることを一つ一つやって行きたいと思います。

地域コーディネーター

​(US・シカゴ)

近藤万里絵

​(こんどうまりえ)

この度はこの尊い働きに携わらせて頂ける恵みに本当に感謝です。世界中の子どもたちの守りをお祈りしています。今回はこのようにして具体的にモンゴルキッズのための働きを支えさせて頂けてほんとうに感謝です。これからも神様の偉大なる働きに多いに期待して祈っています。

​地域コーディネーター

​(シンガポール)

松本章宏

​(まつもとあきひろ)

私は高見澤栄子先生と1989〜1992年に韓国のACTS神学校のMaster of Divinityの課程で共に学んだ者です。その頃から祈りの友としてお互いのビジョンのために祈ってきました。今回栄子さんにこの驚くべきビジョンが与えられたことをお聞きし、微力ながら関わらせていただくことになりました。まさにマケドニア人の幻を見せられ、主の御心を確信したパウロとそのチームが一挙にピリピに渡って行ったように、今回のビジョンもものすごい勢いで形になって行くのをシンガポールの地から見せていただき、ただただ主の御名を崇めています。決して平坦な道のりではないと思いますが、主の御心が着実にモンゴルの地でなされることを祈ります。

 

プロフィール:札幌で12年間、ジャカルタで6年半牧会した後、1年間の巡回伝道を経て2013年からシンガポール日本語教会牧師。

​韓国事務局・ホームページ

大皿恭子

​(おおさらきょうこ)

一人の小さな忠実が尊い命を救う一助となるよう、祈りつつ携わらさせて頂きます。

マンナ教会員(韓国)、公益財団法人 全国友の会 ソウル友の会会員、3児の母。

韓国​事務局補佐

石橋真理恵

​(いしばしまりえ)

子どもたちの未来のための働きに携われることに感謝!

在日大韓基督教会 全国教会女性連合会総務・堺教会伝道師

韓国​事務局補佐

​徳島さやか

​(とくしまさやか)

一人でも多くの子供達、家族が救われることを皆さんと共に祈っていきたいです。

​地球村教会日本語礼拝部所属(韓国)、公益財団法人 全国友の会 ソウル友の会会員

韓国​会計監査

​林炫廷

​(イム・ヒョンジョン)

モンゴルの子ども達がただ主に依り頼み、新たな望みが与えられ、平安と喜び溢れる人生を生きる事ができますように!微力ながら、ご一緒させて頂きます!宜しくお願いいたします。

現)サラン教会日本語礼拝部所属(韓国・ソウル)

​執り成しの祈りリーダー

金善敬

​(キム・ソンキョン)

モンゴルの帰る家のない子どもたちが、愛の力に支えられて、どんなところでも、元気に生きられることを応援します。

現)ソウルオンヌリ教会、日本語礼拝部所属、再生医療戦略研究所 リサーチャー。

​モンゴルチームメンバー

主の栄光教会 理事

(左から)オユナ(J. Oyunbileg, 会計) / ツンデ(David Tsendee, 牧師) /

トンガー(U. Tungalagtuul, 役員) / ナムスライ(David Namsrai, 牧師)

モンゴルキッズホーム 従事者

(左から)エンクジャルガル(P. Enkhjargal, 保育士) / ニャマ(D. Nyamsuren, 調理師) /

ナムスライ(David Namsrai, 牧師, PJ現地リーダー) / スンジー(P. Sunjidmaa, 保育士)

「わたしはあなたがたのために立てている計画をよく知っているからだ。。。

それはわざわいではなくて、平安を与える計画であり、

あなたがたに将来と希望を与えるためのものだ。

エレミア29章11節(旧約聖書)

代表:ガナ・オトゴン

支援者代表:高見澤栄子

代表補佐・親善大使:青柳泉・友子

日本チーム:高見澤栄子(事務局) 渡辺まゆみ 丸山玲子 森澤誠 大皿泰子  

韓国チーム:大皿恭子(事務局) 石橋真理恵 徳島さやか 林炫廷 金善敬

USチーム:大清水良裕・香子(NY) 近藤万里絵(シカゴ) 馬越牧(デトロイト)

東南アジアチーム:松本章宏(シンガポール)

モンゴルチーム:デイビッド・ナムスライ(主の栄光教会) ソロンゴ(NGO希望の門)

顧問:高橋真一

協力:清水摂(JCFN)

【連絡先】

・代表:ガナ・オトゴン

・支援者代表:高見澤栄子(Tel:+81-70−3288−7740、Mail:e.takami21@hotmail.com)

・日本事務局:千葉県印西市原2-1, F−421 高見澤方(Tel:+81-70−3288−7740

・韓国事務局:京畿道龍仁市水枝区龍駒大路2801通り41 碧山アパート402-708 大皿方(Tel:+82-10-6624-0321)

・モンゴルキッズホーム E-mail:mongoliakidshome@gmail.com

​「モンゴルキッズホーム」プロジェクトチーム

BOTTOM

​運営規約

第1条(設立)

 この会を2018年3月1日付で設立するものとする。

第2条(名称)

 この会の名称を以下のとおりとする。

 「モンゴルキッズの家(マンホールチルドレンを支える会)」

第3条(事務局所在地)

 本会の事務所を以下に置く。

 〒270-1335 千葉県印西市原2丁目1番地 F-421 高見澤方

 電話番号:070-3288-7740

第4条(立場)

 本会は聖書の無謬性を信じるキリスト教の立場に立ち、聖書の教えに基づいて、

 社会の弱者である子どもたちが自立するための支援と協力をし、国際社会への貢献に参与する。

第5条(目的・事業)

 本会はモンゴルのホームレスの子どもたちを支えるための活動(救済、回復、自立、防御)を行うことを

 目的とし、準備運営の業務を円滑に進めることとする。

 1.モンゴルのホームレスの子どもたちのための教会関連施設の建設援助

 2.募金活動(施設取得、設備投資、教育のため)

 3子どもたちの育児、教育に関わる現地ボランティアスタッフの育成

 4ニュースレターの発行とインターネットによる広報・啓蒙活動

 5定期的・不定期集会の開催

 6その他

第6条(役員)

 本会に、以下の役員を置く。

 代 表 1名

 副代表 1名

 会 計 1名

第7条(代表)

 代表は会を代表し、円滑な運営に努める。副代表は代表を補佐し、代表が欠員の場合は、代表の職務を遂行する。

第8条(役員の任期および役員会)

 役員の任期は2025年12月31日までとする。

 本会の運営は役員会がこれに当たる。

第9条(経費)

 本会の経費は献金による。

第10条(規約の改正)

 本会の規約の改正は、役員会の同意をもって決定する。

附則

 1本会は必要に応じて細則を設けることができる。

 2会の役員は以下の者とする。

   代 表 高見澤 栄子 〒270-1335千葉県印西市原2-1, F-421

   副代表 青柳 泉  〒186-0005東京都国立市西2-24-1-511

   会 計 石橋 春子 〒252-0004神奈川県座間市東原5-1-1-204 

 3.この規約は2018年3月1日から適用する。

 4.附則 2020年9月1日一部改正

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この規約に記載内容について事実と相違ないことを証明します。

  

千葉県印西市原2丁目1番地F421

代表 高見澤 栄子

2020年9月1日

 

​モンゴルキッズホームプロジェクト

Mongol Kids' Home Project

Call our office:

*In Japan 070-3288-7740

(日本国内から)

*From abroad

Japan +81-70-3288−7740

(Japanese&English)

*In Korea 010-6240-0321

(Japanese&Korean)

Find us: 

Japan F-421, 2-1, Hara, Inzai-shi, Chiba

(千葉県印西市原2−1、F−421高見澤方)

Korea 402-708, Byoksan Apt., 41, Yonggu-daero 2801 beon-gil, Suji-gu, Yongin-si, Gyeonggi-do(용인시 수지구 용구대로2801번길 41 벽산아파트402-708)

  • Facebook Social Icon

「​モンゴルキッズの家」(マンホール・チルドレンを支える会)はキリスト教(聖書)の精神に基づいて活動する非営利任意団体です。

Mongol Kids' Home (Support Manhole Children) is a non-profit organization based on Christian (biblical) principles.