モンゴルキッズの家 マンホールチルドレンを支える会

​New!

​New!

​New!

​New!

​New!

祈りの課題

皆様のお祈りがモンゴルキッズの家に関わる全ての方々の大きな力と励みになります。

​力強いお祈りをどうぞよろしくお願いいたします。

BOTTOM

2020年6

皆様のお祈りをお願いいたします。

-----

子ども達全員と連絡が取れ、いつも会えるように。

②外の広場を整備し、子ども達の遊び場が完成できるように。

③チームが一丸となって多くの奉仕にあたれるように。

2020年5

皆様のお祈りをお願いいたします。

-----

水道設備のないゲル地域がコロナ禍から守られるように。

②それぞれの親族の元に帰っている子ども達の健康と生活が守られるように。

③現地ワーカーの健康と安全がまもられ、9月からの新学年までにカリキュラムの完成と準備がよく進められるように。

④支援の必要のあるシングルマザーと子ども達が、ホームに入ることができるように。

2020年5月

皆様にお祈りいただいておりました「ワゴン車の必要」について、ご報告致します。

 

韓国の仁川オンヌリ教会より、モンゴルキッズの家の運営母体である主の栄光教会にワゴン車の献品が与えられることになりました。モンゴルキッズの家は、そのワゴン車を利用させて頂くことになります。

 

献品下さる仁川オンヌリ教会と支援者の皆様のお祈りに心より感謝し、ご報告致します。

 

モンゴルキッズの家 事務局

2020年2月

皆様のお祈りをお願いいたします。

-----

「モンゴルキッズの家」にやって来る子ども達とシングルマザーが、神様の立ててくださっている御計画を実現する人生を送ることができるように。

②施設の拡充に伴い、受け入れる子どもの数を倍増します。また、シングルマザーも受け入れます。サポートのもっとも必要がある親子が来られるように。

③先生たちの数も増えます。福祉専門家を含め3名の増員予定です。ふさわしい働き手が与えられるように。

④施設の警備にあたるダシャとダシャの家族の救いのために。

⑤「モンゴルキッズの家」のプロジェクトが、モンゴルの他の教会にもインパクトを与え、ウランバートルにある250の教会が帰る家のない子ども達のケアをすることができるように。​

2019年11月

皆様のお祈りをお願いいたします。

-----

暖房設備の工事が間も無く終了します。早速火を入れて最終点検をします。暖房設備が安全に使えるようにお祈りください。

②まもなく子どもたちが戻ってきます。子どもたちの、新しい環境への再適応と心と体の健康のためにお祈り下さい。

③ワーカーが心をひとつにして、チームワークをくめるようにお祈りください。

④リーダーのナムスライ牧師の健康が守られ、神様の知恵が与えられるように、お祈りください。

⑤新しいお友達とシングルマザーを受け入れることができるように。

2019年10月

皆様のお祈りをお願いいたします。

-----

モンゴルキッズの家の8人と希望の門の15人の子ども達の身体的、精神的、霊的な成長のため。

②現地チームとワーカー達が上よりの力をうけてよき働きができるように。

③シングルマザーの受け入れとその準備ができるように。

④専門知識のある福祉士と先生があたえられるように。

⑤改築工事が気温が下がるまえに速やかにできあがるように。その働き手たちのために。

⑥改築工事をふくめて冬の準備のための必要が満たされるように。

2019年9月

皆様のお祈りをお願いいたします。

-----

①冬に向けた準備をしっかりできるように。

②改装工事を早く終えられるように。

③専門教師2名をきちんと選ぶことができるように。子どもを愛する心に満ち溢れた人が来るように。

④子どもたちのために。本当に助けが必要で、神様が送られた子どもたちがホームに来るように。

2019年8月

皆様のお祈りをお願いいたします。

-----

改装が速やかになされるように。

②新学期に戻ってくる子ども達が早く生活に慣れるように。

③新たに受け入れる子ども達の選抜のために。

④2人の子ども達の小学校への就学準備がなされるように。

⑤現地スタッフのために。新たなワーカーが3名必要です。

2019年6月

皆様のお祈りをお願いいたします。

-----

① この施設に相応しい子ども達が与えられますように。親たちもイエス様を信じて救われますように。

② 子ども達の家庭に、最低の生活が保障されますように。家族の回復が与えられますように。

子ども達が義務教育を受けられますように。さらに生活が安定し、発展しますように。

子ども達の家庭が経済的に自立し、健全な仕事が与えられますように。また決して元の仕事(売春や詐欺など不法な仕事)に帰ることがないように、その予防の働きも出来るように。

2019年6月25日

この半年間、モンゴルキッズの家は親切な方にお借りした家で活動してきました。ところが、今年4月の法律改正に伴い、6才以上の子どもを24時間体制で預かることができなくなりました。祈っていたところ、大部屋の三階建ての建物と、小部屋が10以上ある二階建ての建物、そしてオフィスとして使えそうな数個の部屋のある建物、計3棟ある物件が、大変破格な値段で売りに出されていることがわかりました。そして、モンゴルキッズの家は皆様の貴重な献げ物によって、これを取得することができました!古い物件なので、大幅に改築をする必要がありますが、これで、子どもの数を増やし、必要な家族には寝泊まりする場所も提供できるようになります。

 

施設の一部内装と設備等の必要額は内装300万円、設備費160万円です。

今年度の必要のために皆様のお祈りとご支援をよろしくお願いします。

1.施設の一部内装と設備等の必要額が満たされるように

(内装300万円、設備費160万円)

2.新年度収容予定の16名の子ども達とその母親数名、そしてワーカーの追加に伴う全ての必要が満たされるように。

(運営費、生活費、教育費、活動費、光熱費等 900万円)

 

3.自立をめざした職業訓練とフェアトレードの準備のため

(設備費、郵送費等110 万円)

 

4.啓蒙・社会福祉活動、「希望の門」援助等を遂行できるように

(活動費130万円)

合計:1600万円 

2019年3月

皆様のお祈りをお願いいたします。

-----

1. 「モンゴルキッズの家」の土地と施設が取得できるように。

2. 2号ホームの建て上げのために。

3. 現在8人いる「モンゴルキッズの家」の子ども達の成長のために。協力団体「Good Future」の18人の子ども達のために。

4. 現地ワーカー達のために。

5. NHKの番組が、NHK総合でも放映されるように。

<緊急!祈りの課題>

8,9人乗りのワゴン車が必要です!毎週末、マンホールに住む家族の元に子ども達を連れて行き、日曜日の夜にはホームに連れて帰るため、また毎週の買い出しや、外での養育活動のためにも、車が必須になっています。日本や韓国内から、ワゴン車をお献げくださる方がいらっしゃいましたら、こちらまで御連絡ください。メール

2018年12月

現地からの祈りの課題です。

-----

1. モンゴルはとても寒くなって来ました。子ども達の健康が守られるようにお祈りください。

2. Aちゃんのお母さんはアルコール中毒です。先日お酒を飲んで、通りをさまよっているときに、知らない人に殴られました。お母さんのためにおいのりください。

3. サランちゃんのお母さんが教会に通いたいと自分の口で告白しました。このお母さんと子ども達はいつも恐れと緊張の中で生きてきましたが、子ども達が「賛美するとなぜか心が平安になる」というのです。この親子の安全と守り、そしてさらなる勇気を与えられるようにおいのりください。

4. アルタンちゃんのおばあさんの健康のために。

5. 7人の子ども達のお母さんや親戚が、自分で職をもって、収入が得られるようにお祈りください。

6. ホームの教師達・ワーカー達がしっかり教え、よく養育できるようにお祈りください。

7. クリスマスを迎えるにあたり、お母さん達と子ども達が共にできるプログラムを行う計画です。良い時がもてるように、おいのりください。

8. 子ども達のおくり迎えや、買い出しのためにバンかワゴン車が与えられるように。

2018年10月

現地からの祈りの課題です。

-----

1.子ども達の精神的安定のためにお祈りください。

盗みや暴力は悪いことだと分かるように。悪い言葉を使わなくなるように。

 

2.子どもの両親のためにお祈りください。

週末、家に帰りたくないというほど、家庭状況は酷いのです。また、様々な虐待が起こっています。ある子には2歳の妹がいますが、その子も預かって欲しいと、その母親が哀願してきています。

 

3.車のためにお祈りください。

子ども達の家は市内から少し離れた郊外にあります。親に会ったり、遠くから来られない子ども達を冬の季節に迎えに行くこと、買い出しや燃料の手配、平日に子どもを連れて市内に出ることなど、様々な仕事のために車が必須です。また、今後子ども達が両親と一緒に意味のある時間を過ごせるようなプログラムを行うこと、また両親が自分の役割を悟り、行うことができるように教育すること等、幾つかの働きを夢見ています。そのような働きのために車は有意味に用いられます。また、子ども達の親が携帯電話や連絡先がないため、何かが起こった場合に直接会うためには、こちらから訪ねていかなければいけません。

 

4.厳しい冬が近づいています。無事に乗り切れるようにお祈りをお願いします。

 

皆様のご家族と、職場、働きを祝福します。ありがとうございます。

2018年9月

現地モンゴルで分かち合った祈りの課題です。共にお祈りください。

  1. 霊的な戦いを感じているので、自分の家族の守りと自らの霊性が守られる様に。 

  2. 子ども達は今までに虐待を受け続けていて厳しい家庭環境の中で放置されてきているが、そのような子ども達を受け入れるのは本当に難しいことだと思う。彼等を裁かず受け入れて、心から愛をもって仕える事が出来る様に。 

  3. 日本人のサポーターに励まされてとても感謝している。はじめは日本人が本当に助けてくれるのか心配だったが、沢山のサポーターの写真を見てとても励まされました。 皆さんから捧げられたお金を賢く管理して使える様に。 

  4. チームで働くので一致が出来る様に。この働きにはあまりに沢山の困難があるので、みんなに忍耐力と知恵が与えられる様に。 

  5. 最初は10歳くらいの子という話だったのに、実際には2~5歳とあまりに幼い子ども達になったので、不安になった。でも、神様がくださった働きとして、良く仕えることができる様に。 

  6. 料理についても、神の愛と祈りがなくては継続できない働きなのでお祈り下さい。

2018年8月

1.今、モンゴルの主の栄光教会では、ボランティアが決まって訓練会が持たれています。この働き人たちが、神様の心を受け取って、働きに当たれるよう。

2.ホームの候補の場所が確定し、改装に入れるように。

3.子ども達の選抜が行われます。神様の選びの子どもが導かれるように。また、ホームに入れない子ども達をどうするかについても導きがあるように。

追記

以下の3人の方々が、このホームで働いてくださる予定の担当者。この方々のためにもお祈りください。

名前:ニャマ(Nyamaa)

​プロの調理師。食に関する責任者として仕える予定。

名前:スンジー(Sunjee)​

​アメリカ宣教において子どものケアセンターで働いた経験を生かしして生活指導や、教育の関する責任者として仕える予定。

名前:デイビッド・ナムスライ

1972年生まれ。妻テュンガ、娘マンデュカイ、息子イェスカイと共に暮らす。

経歴:

YWAMスタッフ(2002~2003) 

アンサン・オンヌリモンゴル教会宣教師(2004~2006)

主の栄光教会宣教師(2010~2018)

改革派神学大学、神学校にて学士号を取得

牧師就任(按手式2018年9月7日)

2018年4月

1.マンホール・チルドレンが神様に与えられた人生を最高に生きることができるように。

2.関わる全員が神様の御心を求め、聖霊の導きに従って 一人一人に与えられた役割を担うように。

3.プロジェクトに必要な人材・資財が備えられるように。

  特にホームレスの子どものケアのスペシャリストとそれを支えるモンゴル人奉仕者たちが与えられるように。

4.モンゴルの「主の栄光教会」とこれに関わるすべての教会が祝されるように。

5.このプロジェクトを通して神様の栄光が表されるように

“For I know the plans I have for you...

plans for welfare and not for evil,

plans to give you hope and a future.”

Jeremiah 29:11

​モンゴルキッズホームプロジェクト

Mongol Kids' Home Project

Call our office:

*In Japan 070-3288-7740

(日本国内から)

*From abroad

Japan +81-70-3288−7740

(Japanese&English)

*In Korea 010-6240-0321

(Japanese&Korean)

Find us: 

Japan F-421, 2-1, Hara, Inzai-shi, Chiba

(千葉県印西市原2−1、F−421高見澤方)

Korea 402-708, Byoksan Apt., 41, Yonggu-daero 2801 beon-gil, Suji-gu, Yongin-si, Gyeonggi-do(용인시 수지구 용구대로2801번길 41 벽산아파트402-708)

  • Facebook Social Icon

「​モンゴルキッズの家」(マンホール・チルドレンを支える会)はキリスト教(聖書)の精神に基づいて活動する非営利任意団体です。

Mongol Kids' Home (Support Manhole Children) is a non-profit organization based on Christian (biblical) principles.